夏の風物詩!なにわ淀川花火大会2017*夏ぴあシートA席レポ

chiko

-
今日は地域ネタで失礼いたします(v.v*)
先日の記事の中でもチラッと触れたのですが、8月5日になにわ淀川花火大会に行ってきました。
そのレポです。

2017 淀川花火1
ブログ村テーマ
おすすめ花火大会


学生の頃はよく足を運んでいたのですが、ずっと地元を離れていたので、十数年ぶりの淀川花火大会。
調べてみると、観覧スペースの大部分が有料席に!?
昔、私がまだ学生だった頃(15年ほど前)はこんなに有料席はなかったと思うのですが、
無料席がそもそもあまりなさそう & 早い時間に無料席を取って酷暑の中待ち続ける気などさらさら無いということで、今回は有料席で見ることにしました。


今回買ったのは、「夏ぴあシートA席」です。
↓下の図で言うと右の方。川が目の前の席です。

2017 淀川花火_有料席
画像をお借りしています。

追記:2018年、夏ぴあシートA席はS席に統合されたようです。


「夏ぴあシートA席」というのは完全指定席なので、慌てて席を取らなくてもちゃんと自分の場所が確保されています✨
(有料席の中には、「エリア内自由席」というのもあり、そのエリア内の良い席は早い者勝ちっぽい

淀川花火を見に行こうと決めた時期が遅く、有料席の中には売り切れていたチケットもあったのですが、

・お金を出して見るのに、エリア内自由席というのは不満 → 結局早く行って場所取りをしないといけない
・梅田のビル群の眺めも楽しみたい → 十三側の席
・出来るだけ正面から花火を見たい

という希望を考えると、なかなか良い席なのではないかと期待しつつ当日。


この日は義両親が娘を見ていてくれるとのことで、久しぶりに夫と2人で出かけました。
娘はじぃじばぁばに近所のお祭りに連れて行ってもらい、楽しかったみたい(^^♪
お義父さんお義母さんありがとう!


最寄りの十三駅から多少迷いながらも、人の流れについていったら中央階段(協賛観覧席専用入口)に着きました。
ただ、夏ぴあシートS席、A席なら、十三駅→東階段ルートで行く方が早く着きそうです。
帰りは東階段側の出入り口は封鎖されるので、中央階段から出るしかないです。
係りの方に確認しました。


2017 淀川花火2
チケットには17時半までに入場してくださいと書かれていたので、17時半過ぎに入場しましたが、18時半入場でも全然大丈夫そうな雰囲気でした。
有料席ゾーンを徘徊していた夫が確認しました。最終判断は自己責任でお願いします。


そんなこんなで夏ぴあシートA席入り口に到着。
2017 淀川花火5
ブログ村テーマ
お祭り、イベント大好きさん集合!



座席表はこんな感じ。
2017 淀川花火4


チケットには水上花火が見えにくい席と書かれていたのですが、
それは目の前に納涼船の席があるからのようです。
2017 淀川花火6


そうこうしているうちに日が暮れてきました。
梅田のビル群がいい感じです(*´ω`*)
2017 淀川花火3
ブログ村テーマ
夜景写真とイルミネーション



そして花火がスタート。
距離も近く、迫力がありました。

席から見える花火はこんな感じです。

*写真*
2017.8月 淀川花火大会①

*動画*

ブログ村テーマ
四季の風物詩


問題の水上花火も、納涼船の向こうで何かやってるのかなというのが1、2回ありましたが、
基本的にはしっかり見えるし、個人的にはほぼ影響なしと言っていいレベルでした。

というわけで、夏ぴあシートA席の満足度は高かったです。


そして、家に帰るまでが遠足ということで、ここからは帰りの話。

この淀川花火大会、花火が終わった後、警備の観点から退場規制がかかり、値段の高い席から規制が外れていくそうなのですが、
夏ぴあシートA席は、10分くらいで外れました。
値段の高い席からとか大阪っぽい。笑

規制が解除されてからは、会場の警備がしっかりしていたのもあって、あっさり河川敷を抜けられました。
パノラマシート席は私たちが中央階段を抜ける頃もまだ規制されていました

むしろ、河川敷より十三駅の混雑の方が辛かったです。
来年行かれる方は、電車に乗れるまで気を抜かないでください。笑

人混みは疲れたけど、また来年も行きたいな


夏は花火やお祭りがいろいろあって、テンションが上がります(*´▽`*)
ブログ村テーマ
花火大会・花火の写真

ブログ村テーマ
祭り・イベント写真



▼みなさんの多彩なブログはこちらからどうぞ▼

ブログ村 片付け・収納(個人)

ブログ村 北欧インテリア

ブログ村 シンプルライフ

▽応援クリックをいただけると励みになります▽

ブログランキング・にほんブログ村へ

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

よく読まれている記事

Posted bychiko