セリア「薬味チューブホルダー」*セパレート、内でも外でもOKなスグレモノ♪ & お知らせ

chiko

-
おはようございます。^^

今日は、まずお知らせから!

決定版 シンプル収納のルール&アイデア①

11月6日に学研プラスさんから発売された、『決定版 シンプル収納のルール&アイデア』という書籍に掲載していただきました。




決定版 シンプル収納のルール&アイデア②

不要なものは手放して必要なものと上手につき合う、、、
そんなすっきり・シンプルな収納を楽しんでいる、ブロガーさんとインスタグラマーさんの暮らしがたくさん紹介されています。


決定版 シンプル収納のルール&アイデア③

私は、「15人のブロガー&インスタグラマーの 収納アイデア悩み解消」というコーナーで、キッチンや洗面所のプチストレス解消アイデアについて載せていただいてます。^^

この度、生まれて初めて書籍というものに掲載していただきました。
私がブログを始める前からブログを拝見していたような、有名な収納アドバイザーさんもたくさん紹介されていて、そんな中に自分も載せていただけたこと、とても嬉しいです!

私も、みなさんの美しいインテリアや収納の工夫の数々に、「ほぇ~」と見惚れたり、目からウロコを落としながら楽しく拝見しました♪
ブログ村テーマ
<暮らしのアイデア>収納 家事 インテリア



書籍の中で、「場所別&困りもの別 かしこい収納ヒント集」というコーナーの冷蔵庫編で、

決定版 シンプル収納のルール&アイデア④

わが家の冷蔵庫もちょこっと紹介していただいてるんですが、、、

さらに冷蔵庫のプチストレスを解消・使いやすくするべく、こんなものを買ってきました。^^

冷蔵庫・セリア・チューブスタンド②

「薬味チューブホルダー」。
セリアで見かけて、いいなと思って買いました。
↓ワザあり「ブックスタンド」がすごいアイデア!
ブログ村テーマ
100円shop*セリア(Seria)



今までのチューブスタンドと「ちがう!」と思ったところは、

冷蔵庫・セリア・チューブスタンド③

セパレート式で、1つずつが独立して使えること。
これなら、おうちにあるチューブの数やスペースに合わせて、好きな数で設置できます✨
3個セットですが、もう1セット買えば、4本でも5本でも、増やしていくことも可能。

以前、同じく100均の4連のチューブポケット?を使っていたんですが、チューブを「4本」使わないといけないような気がして、わが家には合わないかなと、使うのをやめました。

すると、自ずとやってくるプチストレス。

冷蔵庫・セリア・チューブスタンド④

支えを失ったチューブたちは、冷蔵庫の開閉の衝撃に耐えきれず、まぁ倒れます(;´∀`)
写真ではちょっと倒れてるだけですが、このまま放置すると、みんな好き勝手に寝転がって、それはそれはイラッと…(^-^;
ブログ村テーマ
片付けて プチストレスをなくしていく



そこで、先ほどのチューブスタンドを投入すると、、、

冷蔵庫・セリア・チューブスタンド⑤

しっかり立って、もう倒れてくることもありません✨
厚みが6㎜以下のドアポケットに取り付け可能とのこと。
商品の注意事項に「ゆっくりとドアを開閉し」とありますが、ガサツな私の開け閉めでも今のところ問題ないので、けっこう安定感アリです
ブログ村テーマ
オススメ収納法・収納グッズ



もうひとつ、感動した画期的ポイントが!

冷蔵庫・セリア・チューブスタンド⑥

ドアポケットの外側だけじゃなく、内側にも取り付けが可能なんです!
(※内側に取り付ける場合は、55㎜以上の深さが必要)
内側に収められると、スッキリしますね♪

以前使っていたチューブポケットをやめてしまった最大の理由が、
ドアポケットの外側にしか付けられず、干渉してしまったり、ジャマになってしまったことだったので、内側に付けられることは本当にありがたい!
ブログ村テーマ
買ってよかった!キッチングッズはコレ♪



冷蔵庫・セリア・チューブスタンド①

これで、もうチューブが倒れてくることもなくなり、プチストレスがまたひとつ解消できました(*´▽`*)


冷蔵室の使い勝手はだいぶ確立されてきたんですが、冷凍室や野菜室の方はまだまだ迷走中💦
他の方の工夫・アイデアも拝見しつつ、他の箇所も使いやすい冷蔵庫にしていきたいです(`・ω・´)
↓ジッパー付きバッグを使った冷凍庫収納術、美しい&使いやすそう✨
ブログ村テーマ
冷蔵庫の整理・収納

ブログ村テーマ
これは便利 「キッチン収納術」



▼みなさんの多彩なブログはこちらからどうぞ▼

ブログ村 片付け・収納(個人)

ブログ村 北欧インテリア

ブログ村 シンプルライフ

▽応援クリックをいただけると励みになります▽

ブログランキング・にほんブログ村へ

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

よく読まれている記事

Posted bychiko